てんかんの相談&治療
ホームへ 水戸クリニックの紹介 脳波計・生化学分析装置 てんかんとは:就職・結婚・妊娠・他 てんかん公費医療 プリンセスミナまんが展 てんかん Q&A

3日間薬を忘れてもてんかん発作はなかった。もう治ったのでは?

質問:ウチの子はこの半年間は
一度もてんかん発作がありませんでした。

このところ忙しく、子供の薬を取りに来るのが遅れてしまい、3日間ほど薬をのみませんでした。
でも、その3日間に、てんかん発作は一度も起きませんでした。
もうてんかんは治ったのではないでしょうか。このまま断薬してもよいのでは?

回答;

3日間発作がなかったからといって、

一気に薬をやめてしまうことは、大変危険です。

薬を一度にやめてしまうと、てんかん発作の重積状態に陥る可能性が非常に高くなるからです。

重積とは、一日のうちに、10回や20回もの発作が立て続けに起こることを言います。

重積は命にかかわる危険な状態です

ですから、治ったと考えられる場合でも、薬は急にやめるのではなくて、6ヶ月〜数年かけてゆっくりと減らしていくのです。

また、子供のてんかんが治ったといえるには、通常、次の二つの条件がどちらも満たされることが必要です。

1) 3年間発作が起きない
2) 6ヶ月ごとに脳波 を調べて、3年間、一度もてんかん の波が出ない

子どものてんかん 画像

上記の患者さんは、半年前に発作があり、脳波 上もまだてんかん 波が消えていませんでした。
したがって、治ったとは、言えません。

では、治っていないのに、なぜ薬なしでも発作がこなかったのでしょうか。
理由は2つ考えられます。
一つめは、薬をのまなかった3日間が、たまたま非常に体調の良いときにあたっていたのではないか、という理由です。
もし体調を崩していたら、発作がきていた可能性が高いのです。
二つ目は、3日前までにのんだ薬が、まだ身体の中にとどまって効いていたのではないか、という理由です。
薬は、種類によっては、服薬後1〜2週間、体内に残って効いています。
しかし、 少しずつ体内で処理されて減っていき、最後にはゼロになります。
のまないでいたら、やはり遠からずてんかん発作が起きたと考えられます。

子供のてんかん発作は、脳の成長によって治ることが多いのです。
あせらず、気長に脳の成長を待ちましょう。

★水戸クリニックは、てんかん の診療のみを実施しています
(てんかん 以外の病気の診療は実施しておりません)。

★原則として、茨城県にお住まいの、てんかん 患者さんの診療に従事しています。
茨城県以外の方は、できればそれぞれの地元の 病院 に受診なさることをおすすめします。
▲このページのトップへ
 
ホームクリニックの紹介診療案内脳波検査生活の手引きうつ病、との合併まんが展
掲載内容・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は医療法人向陽会 水戸クリニックに帰属します。
茨城県水戸市宮町3-4-4 水戸クリニック