てんかんの相談&治療
ホームへ 水戸クリニックの紹介 脳波計・生化学分析装置 てんかんとは:就職・結婚・妊娠・他 てんかん公費医療 プリンセスミナまんが展 てんかん Q&A

癲癇の治療

てんかん 治療の方針について、病院・クリニックにたずねる

てんかん 治療の基本

てんかんの治療は、(1)規則正しい生活と十分な睡眠、および(2)薬をきちんと服用することがメインとなります。

てんかんの治療は、規則的な生活、充分な睡眠、お薬 画像

小児てんかん が治るしくみ

てんかん発作が、脳についた傷のために起きることは他のページで述べましたが、厳密にいえば、この傷そのものが治ることはありません(脳の傷は薬で治すことはできません)。

しかし、 お子さんの場合、年齢とともに脳が成熟することによって、傷そのものが残っていても、発作が起こらなくなっていきます。 これが、小児てんかん が治る仕組みです。10人中8人は薬をやめられるようになっていきます。

脳の成長によっててんかん は治る・・・では、薬は何のためにのむのでしょうか。
薬は、発作を抑えておくためにのみます(下記参照)。

一方、規則正しい生活や十分な睡眠には、お子様の脳の成長を促すという意味があります。 それに、きちんとした生活をしていると、疲れがたまらないので、大人でも子供でも、発作がおきにくくなります。

成人てんかんの社会的治癒

成人の患者さんの場合でも、@規則正しい生活・十分な睡眠と、A規則正しい服薬により、発作をおさえ込み、普通の社会生活が送れるようになるのが一般的です。それどころか、軽症の患者さんの場合、規則正しい生活と十分な睡眠をとっていれば、薬をやめることができる場合もあります。
  (”大人のてんかん の社会的治癒”のコーナーをごらんください)

てんかん発作の重積を予防

薬の最大の目的は、重積発作を予防することです。 重積発作とは、「意識が戻るまもなく、次の発作が連続して起こること」をいい、命に関わる状態だからです。

思考力の低下を予防

また、あまり何度も発作を繰り返していると、思考力が低下してくることがあります。 ですから、子供の場合、知能の伸びを遅らせないようにするため、大人の場合は、発作による思考力の低下を防ぐために、薬をのみます。


★水戸クリニックは、てんかん の診療のみを実施しています
(それ以外の病気の診療は実施しておりません)。

★原則として、茨城県にお住まいの、てんかん 患者さんの診療に従事しています。
茨城県以外の方は、できればそれぞれの地元の 病院 に受診なさることをおすすめします。
▲このページのトップへ
 
ホームクリニックの紹介診療案内脳波検査生活の手引きうつ病、との合併まんが展
掲載内容・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は医療法人向陽会 水戸クリニックに帰属します。
茨城県水戸市宮町3-4-4 水戸クリニック