てんかんの相談&治療
ホームへ 水戸クリニックの紹介 脳波計・生化学分析装置 てんかんとは:就職・結婚・妊娠・他 てんかん公費医療 プリンセスミナまんが展 てんかん Q&A

癲癇患者さんの生活

てんかんをもつ人の生活の五原則

――てんかん発作の予防と、日常生活上の基本的留意事項――

1)規則正しい生活をし、十分な睡眠をとりましょう。
深夜までビデオを見るような生活は、発作を誘発します。

2)薬をのんでいる人の場合、規則正しい服用をしましょう。
万一に備え、てんかん 薬による副作用のチェックのため、三ヵ月に1度、血液と尿の検査を受けましょう。

3)患者さんがお子さまの場合、可愛がるときはおもいきり可愛がり、しつけは厳しく、できるだけお手伝いをさせましょう。

4)入浴は、家族の人と一緒に。一人で入浴する場合は、シャワーのみにしましょう。
入浴中に発作を起こすと、溺死する危険性があるからです。

5)てんかん患者さんは、一病息災を
上記の1〜4に注意して、一般の人より元気いっぱい長生きを。

*特別の場合を除き、食事は普段通りで結構です。
偏食をさけて、各種の食品をバランスよく摂取するようにしましょう。


てんかんをもつ人にとって、規則正しい生活と十分な睡眠が大事です 画像

 

★水戸クリニックは、てんかん の診療のみを実施しています
(それ以外の病気の診療は実施しておりません)。

★原則として、茨城県にお住まいの、てんかん 患者さんの診療に従事しています。
茨城県以外の方は、できればそれぞれの地元の 病院 に受診なさることをおすすめします。
▲このページのトップへ
 
ホームクリニックの紹介診療案内脳波検査生活の手引きうつ病、との合併まんが展
掲載内容・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は医療法人向陽会 水戸クリニックに帰属します。
茨城県水戸市宮町3-4-4 水戸クリニック