てんかんの相談&治療
ホームへ 水戸クリニックの紹介 脳波計・生化学分析装置 てんかんとは:就職・結婚・妊娠・他 てんかん公費医療 プリンセスミナまんが展 てんかん Q&A

癲癇に移行しうる熱性けいれんの見分け方

てんかんに移行しうる熱性けいれんの見分け方

 熱性けいれんだけでなく、てんかんの発作もまた、発熱と同時に起こることが多いので、 この2つを見分ける必要があります。

てんかんに将来移行する可能性がある(あるいはすでに、てんかん に移行している)熱性けいれんの特徴としては、次の8項目が挙げられます。

1)24時間以内に、ひきつけの発作を繰り返して起こす場合

2)37.9℃以下の体温で、ひきつけがあった場合。

3)発作の持続時間が長すぎるもの。

4)右半身、左半身のひきつけ方に程度の差がある場合。

5)7才になってもまだ、ひきつけがみられる場合
   (あるいは、7才以上で、ひきつけが初発した場合)。

6)ひきつけの初発年齢が1才未満の場合。

7)頭部外傷など、脳障害の原因となりうる病気にかかったことがある場合。

8)発達遅延をともなっている場合。

上記の1)〜8)の特徴のうち、どれかひとつでもみられる場合、専門医を受診し、脳波 検査などの精密検査を受ける必要があります(脳波 検査は、痛くありませんので、ご安心下さい)。

★水戸クリニックは、てんかん の診療のみを実施しています
(それ以外の病気の診療は実施しておりません)。

★原則として、茨城県にお住まいの、てんかん 患者さんの診療に従事しています。
茨城県以外の方は、できればそれぞれの地元の 病院 に受診なさることをおすすめします。
▲このページのトップへ
 
ホームクリニックの紹介診療案内脳波検査生活の手引きうつ病、との合併まんが展
掲載内容・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は医療法人向陽会 水戸クリニックに帰属します。
茨城県水戸市宮町3-4-4 水戸クリニック