てんかんの相談&治療
ホームへ 水戸クリニックの紹介 脳波計・生化学分析装置 てんかんとは:就職・結婚・妊娠・他 てんかん公費医療 プリンセスミナまんが展 てんかん Q&A

癲癇と修学旅行

てんかんと、修学旅行、宿泊学習

現在、発作が止まっている患者さんの場合、旅行中、次の留意点が必ず守られることが保証されれば、参加されてもかまいません。
(これらの留意点が守られない可能性が少しでもある時は、参加しない方が良いのです)。

1) 夜遅くまで起きていて寝不足にならないようにする

寝不足をしますと、
てんかん発作が起きやすくなります。

2) 旅行中、絶対に薬をのみ忘れない。

3) 入浴はシャワーのみとする。

以上の3つです。

患者さんが、宿泊学習や修学旅行に参加される時には、前もって、医師にご相談ください。

癲癇と旅行 画像

 

★水戸クリニックは、癲癇の診療のみを実施しています
(それ以外の病気の診療は実施しておりません)。

★原則として、茨城県にお住まいの、てんかん 患者さんの診療に従事しています。
茨城県以外の方は、できればそれぞれの地元の 病院 に受診なさることをおすすめします。
▲このページのトップへ
 
ホームクリニックの紹介診療案内脳波検査生活の手引きうつ病、との合併まんが展
掲載内容・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は医療法人向陽会 水戸クリニックに帰属します。
茨城県水戸市宮町3-4-4 水戸クリニック